【『ハニーレモンソーダ』7巻ネタバレ感想】ついに結ばれた二人

や~~~。

前回、石森ちゃんと三浦くんが屋上で二人きりになったところで終わりました。

ああ・・・ついに・・・結ばれる時が・・・と思って7巻を開いた瞬間、全く違う場面で拍子抜けしましたw

あれ?あの屋上のシーンはあれで終わりだったんやってww

でも最初に言ってしまいますが、結ばれました!!やっと結ばれましたよお二人が!!!

最高だったので、順を追って感想書いていきます。

スポンサーリンク

石森ちゃんの好きなタイプ

石森ちゃんは自分の気持ちが三浦くんに知られてしまったら、今の関係が終わってしまうと気づきます。

そんな風にモヤモヤしてる中、クラスメイトが三浦くんに好きなタイプを聞き出しています。

適当に雑誌に乗ってる女の子を指さしました。

そして逆に嫌いなタイプは?と問われた三浦くん。

「香水臭い女」

おおおお….これは…恐らく三浦くんの過去に関係しているワード。

三浦くん一体何があったんや。。

色気ある大人のお姉さんと何かあった描写が前にありましたが、もれなくその女性は「香水臭い」ということですね。

大した情報ではないですが、かなり気になりましたw

そして石森ちゃんもタイプを聞かれ、三浦くんに自分の気持ちを悟られないよう、雑誌で三浦くんとは違うタイプの男の子を指さします。

「金髪と黒髪どっちが好き?!」と聞かれ「・・・黒髪」と答えてしまった石森ちゃん。

いかんよ!!三浦くんの前で!!

石森ちゃん合コンへ?!

石森ちゃんがクラスメイトにいきなり合コンに連れていかれました。

しかも三浦くんがバイトしているカラオケ屋で。

そこで石森ちゃん自分の好きなタイプの話をし出します。

「あまり喋らなくて大人びてて 両耳にひとつずつピアスしてて…」

と、三浦くんのことですやん!ってことを喋り続けます。

するとね。

すると。

「・・・つまり オレのこと?」

ああああああああああ三浦くんが何故かいる!!!www

石森ちゃんの話を聞いている!!

「オレのこと?」がドツボすぎるww

そして、石森ちゃんに「オレ今から帰るけど おまえどうする?」

と二人で帰っていきました。ヒューヒュー

帰りに三浦くんから石森ちゃんの忘れ物を渡されます。

それがまさかの三浦くんが好みだと指さした雑誌の女の子のコピーw

恥ずかしいねこれはw

焦りまくる石森ちゃんに三浦くんが聞いたこの言葉がめっちゃ好き。

「金髪と黒髪どっちが好き?」

はああ~~~!!

三浦くんこういう男なんだよ。

そういう聞き方するんだよな。

「金髪です」と答えた石森ちゃん。

もうYOUたち付き合っちゃいなよ。ジャニーさんもそう言うよきっと。

体育祭で石森ちゃん告白

とりあえずこの体育祭で私が一番に言いたいのは、三浦くんの応援団の姿が格好良すぎるということです。

さらし巻いててナイスガイだよ。

体育祭は、三浦くんが監禁されてしまって石森ちゃんが助ける場面などあったりして、今まで守られるだけだった石森ちゃんも少しずつ変わってきています。

その他リレーを頑張ったりと素敵シーンはいっぱいあるのですが、ちょっと省いて告白シーンの感想を書きます。

体育祭の終わり頃、石森ちゃんが倒れて保健室に運ばれました。

気を失っていた間、三浦くんの夢を見ていた石森ちゃん。

目を覚まして目の前にいる三浦くんに思わず

「三浦くん好きです・・・

三浦くんの彼女になりたいです・・」

と!!!

おっしゃいました!!

そしたら!!!

三 浦 く ん が キ ス を し ま し た。

あああああああああああああああああああ(今回一番の叫び)

待って!!待って!!!ちょっと待って!!(語彙力0のオタク

告白の返事がキスってもう…え…何でそんなイケメソなんですか…?

えっもう三浦くんにも抑えきれない何かがあったんですよね。

もう言葉より先に体が動いちゃったんですよね。

あ~~~~~ありがとう(感無量

夢だと思っている石森ちゃん

まさかの石森ちゃん、キスされたのは夢だと思っていますw

(私はもう結ばれたと思っていましたw)

でも告白したことは覚えてるよう。

自信を失くしてる石森ちゃんに、緑先生がすごくいい話をします。

えっ緑先生って誰?ってw

前に生徒に手を出すやばい先生疑惑をかけられていた緑先生です(誤解でしたよ)

そんな緑先生が、自分の想いが迷惑だと思っている石森ちゃんにこう言います。

「本当に三浦がそう思うと思うのか?

石森 君は今まで三浦の何を見て来たんだ

そこで今まで何度も助けられた三浦くんの優しさを思い出します。

本当にね!先生の言う通りだ。

そして緑先生の言葉に背を押され、三浦くんに振られるのを覚悟で三浦くんを教室に呼び出します。

(いまいちこの流れで、何故振られると思ってるのかわかるけどわからないw)

(いや、うーん。まあ三浦くんのあの感じを見てるとそう思ってしまうのはわかるけど、やっぱ第三者の私からするとわからないw)

そして、石森ちゃんが待つ教室に三浦くんが来ました。

石森ちゃんが喋り始める前に三浦くんから話し始めます。

「気持ちの整理はついたか

昨日オレに言った言葉は後悔してないか

心の準備は出来てるか

____石森

オレは石森が好きだ

はあああああああ;;;;;;;;(二度目の絶叫

「オレは石森が好きだ」

ありがとう。はっきり言ってくれて。ありがとう

まさかの言葉に泣き崩れる石森ちゃん。

そしてキスをして7巻は終了です。

はあああああああああ;;;;

二度目のキス;;

はああああああああああ;;;;;;

やっぱ誰もいない教室でのキスというものは非常に綺麗ですね。

絵が美しいです。

イケメンは相手の顔に手を添えるんですよね。

非常に美しいです。

やっと・・やっと結ばれました。

三浦くんの過去やら環境やらの問題が解決すると同時に付き合うかと思っていましたが、先に結ばれましたね。

まだまだ三浦くんの知らない部分がたくさんある状態です。

これはまだまだ楽しめそうですね。

ところで三浦くんの告白セリフで

「8か月 時間かけて好きになったんだ」って言葉がめちゃくちゃよかったです。

一緒に過ごしていく時間の中で少しずつ好きになっていったんだなと。

すごく思いを育んできた感がたまらない。

さあ付き合ってからの二人も楽しみなので次巻も期待です!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする