【『ハニーレモンソーダ』11巻ネタバレ感想】ついに三浦くんの家族構成が明らかに?!

前巻は、三浦くんが石森ちゃんにキスをして「口開けろ」という、絶妙なシーンで終わりました。

いやはや文章に起こすと、ハレンチすぎて悪いことしてる気分になるww←

スポンサーリンク

いや未遂という書き方もいかがなものかと思ったんですけどw、

石森ちゃんが倒れてしまって、口開けろからの続きはありませんでした!

これは少女漫画読者としては想定内です(涙

未遂に終わった後から、三浦くんがまた塩対応に戻っていきます。

石森ちゃんの積極的な行動を避けるかのような対応。

だがしかし、二人は大丈夫です。この後最高シーンがありました。

続き

林間学校も終盤です。

キャンプファイヤーの時、三浦くんが医務室に行ったと聞いた石森ちゃんは不安に思いながらも会いに行きます。

夜の医務室に二人キリ♪

ここで石森ちゃんしっかり本音を伝えます。

「三浦くん 私に引いていますか?私も自分でも引いてます」

三浦くん驚いた様子。

「三浦くんに触りたくて」

「触ってくれないかなって」

煽りますね~(^0_0^)

煽りすぎでしょ石森ちゃん(^0_0^)

その言葉を聞いた三浦くんホッとします。

三浦くんはどうやら昨日石森ちゃんを怖がらせてしまったと思っていたようです。

石森ちゃんは否定すると

「じゃあ もう一回するか」と。

(C)2019 村田真優「ハニーレモンソーダ11巻」より

悶絶。

この棚の上に座らせるの最高すぎやしませんか??

石森ちゃん完全に逃げ場ないやん//

攻めに攻めまくる三浦くん。

そしてこの後過去最高に積極的なキスシーンでした!!

いやちょっと待ってほしい。

高校3年生のスキルじゃないこれは。

最後首すじまでいきましたよ!!(ヒャッヒャッ

ここで三浦くんハッと我に返って、石森ちゃんに「先に行ってろ」と言います。

三浦くん歯止めが利かなくなっていることに、自分自身苦しんでいます。

大切に大切にしようとしているのが伝わってくる( ;∀;)うう

三浦くんと石森ちゃんのお父さん

石森ちゃん林間学校以降、ずっと何かが引っかかっているようです。

(自分の欲深さに 呑まれてしまうこと そうなっていいタイミングは 今ではない)と。

三浦くんそんなことを考えてる石森ちゃんに対して

「大切にする おまえも おまえの周りも」 と。

石森ちゃん本当に幸せものですね( ;∀;)

三浦くんの石森ちゃんに対する優しさ、思いやり半端ない;

二人で帰り道を歩いていると石森ちゃんのお父さんと遭遇。

三浦くんとお父さんだけでお話しすることに。

話していると三浦くんの家庭環境が明らかに。

母は幼い頃なくなり、父は中三で失踪、現在叔父の所有するマンションにひとり暮らししているとのこと。

まさかこのタイミングでこんなこと知ることになるとは・・・!

だからか!中学でいいマンションに引っ越したのは・・!

まさかの一人暮らし!

あっ一人暮らし・・・(重い内容なのに不純なこと考えてしまった)

そして石森ちゃん父は自分の名刺を渡し、「何かあったら 頼りなさい」と。

(C)2019 村田真優「ハニーレモンソーダ11巻」より

うううう;;;

三浦くんよかったね;;

石森ちゃんのお父さんが味方になってくれるなんて;;

それにやっぱり三浦くんも高校生だし、大人が必要なときこの先いくらでもあると思うんだ。

この言葉は心強かったんじゃないかね;

急に三浦くんが子供に見えてきて、私は心が張り裂けそうです。

しかしまだこのことを石森ちゃんは知りません。

しかしまもなく打ち明けてくれます。

石森ちゃん三浦くんのことを知ろうとする

石森ちゃん自分は三浦くんのことをまだ全然知らないということに気づきます。

自分のことを聞かれるのが基本的に嫌いな三浦くん。

しかし石森ちゃんが知りたいことを、一回会うごとに1個三浦くんが答えてくれることになりました。

そして最後一番答えづらかったであろう「家族構成」を三浦くんが教えてくれ、石森ちゃんは心苦しそうな表情を。

「嫌だったんだよ。その表情を指せるのが」と三浦くん。

でもここで石森ちゃん素晴らしきセリフ。

「心配させて。何もしなくていいって言わないで

私がいる意味がない」

すごいよ。一歩踏み込んだよ石森ちゃん。

そして三浦くんの答え

「あの日から しぶとく踏みこんでくるやつが現れて

オレはそれを 嬉しいと思ってる」

( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

オレはそれを嬉しいと思ってる(...嬉しいと思ってる)(...嬉しいと思ってる)

そんな感じで11巻は終了です!

いやはや( ;∀;)

お互い心の距離がまた一歩近づきましたね( ;∀;)

ぐいぐい来られるのが苦手だった三浦くんを石森ちゃんが変えたんですね。

石森ちゃんの真っすぐな気持ちは、三浦くんにとって心地よかったんですね( ;∀;)

心配させてたくないという三浦くんに対して、心配させてとは...

いやはや石森ちゃんの強さに完敗です。

ベクトルが違うだけでお互い思いやっていたんですね;;

次巻も楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする